スポンサーサイト

  • 2008.02.27 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


健康状態、良好。

JUGEMテーマ:ペット

 もち吉さんが我が家に来たのは約2ヶ月前。
 当時53gだった体重は、今では73g、約2ヶ月で20g増えました。
 また、前に飼育していたモカちゃんと同じようにあった鼻水も心配の種でしたが、それもなくなり健康状態は良好のようです。

 うんちとおしっこもちゃんとします、が変な癖があってちょっと困っています。
 それについてはまた書き込みしますのでお楽しみに。楽しい

 さてモカちゃんの時に失敗したので、温度と湿度にはとても気をつかっています。
 温度はだいたい28℃〜32℃、湿度は50〜70%をキープするようにしています。とはいえ、冷え込む朝などは25℃ぐらいまで下がることもありますが、もち吉さんが普段寝床にしているところにはパネルヒーターがひいてあるので、大丈夫だと思います。
 湿度は、床材に水をやって調整しています。新聞紙を適当にちぎって丸めてしきつめた上に、ウッドチップタイプの床材をしいています。そこにお湯か水を適量やります。すると新聞が適度に水を吸って、だいたい良い湿度をキープしてくれています。
 温度や湿度、ケージについてはまたの機会に詳しく書き込みます。

 温浴は特にしていませんが、水の入ったプレートで、お水を飲んだり、お尻を突っ込んだりしている姿をたまに見かけます。最初の頃はそこでおしっこやうんちをしていたのですが、最近はないですね。水の必要性についてインターネットで調べると、賛否両論がありますが、個人的にはカメの気持ちになって考えると、自分の好きなときに遊んだり飲んだりできる水場がいつでもそばにあるというのが、いいような気がします。
 
 というわけで、今のところおおむね快適にすごしてくれているようで、一安心です。
口のまわりに・・・
 
 



超、ひさしぶりに。

JUGEMテーマ:ペット


 もう何ヶ月ぶりの投稿となりました。
 というのも、モカちゃんが昨年10月頃に死んでしまったからです。
 悲しくて、ブログを見るのもつらくて、一時は閉めてしまおうと思ってました。

 ですが、その後、親友からクリスマスプレゼントとして新しいホシガメをいただきました。
もう二度とカメは飼わない、と決めていたのに。。。
来てしまったものは仕方ない、覚悟を決めて飼う事にしました。

温度、湿度、エサ、などなど基本的なことをもう一度しっかり勉強して、
保温のために少し小さめのケージで飼う事にしました。
でもやっぱり死んでしまったらどうしよう、と怖くて、
なかなかブログに書き込むことができずにいたのですが、
幸い元気なようです。

というわけで、新しいホシガメとの新しい生活の出発を祝して、
またモカちゃんが教えてくれたことを忘れないように、
同じブログで再出発したいと思います。

休止中、当ブログに遊びに来てくださった方々、ありがとうございました、
そして返事をせぬまま申し訳ありませんでした。
再出発ということで気を取り直して、情報を発信していこうと思います。
カメの健康のため、少しでもお役にたてば、幸いです。
改めて、よろしくお願いします。イヒヒ
もち吉です!

その1:ご飯を食べない

ここ3日ほど、ご飯を食べた形跡がない (O_O)
大好物の空芯菜を入れているのに。。。
お肌をチェックすると、やや乾燥肌。動きも心なしかにぶいような。。。
湿度は60%をキープしているものの、
スポットの下などで脱水症状気味なのかも、と思い、
一緒にお風呂に入ることにしました。
もちろんモカちゃん専用の浴槽(陶器のうつわ)で、
中に野お湯と野菜を入れてやりました。
つまり、温浴させながらお食事タイム。
そうすることで、水分も補給させながら、エサを食べさせることもできる。
以前はずっとこうしてエサをやっていたのですが、
最近ケージを広くしたこともあって、温浴はさぼりがちだったのです。
というわけで、モリモリ食べてくれました。 (^-^)
よかったよかった。とりあえず一安心です。

後でよくよく考えてみれば、人間でもヒーターの前で1時間もいると
かぴかぴに乾燥してきますものね。
食べ物から取れる水分にも限界があるし。
そういうわけで、これからは温浴プラス食事を復活させようというところです。



ひとめぼれ。

ペットショップで見たときに、ひとめぼれしたのがこのだらしなくのびた後ろ足。
特に足の付け根がぷにゅぷにゅしてて、最高です ^-^
よくパネルヒーターの上でだらーっと出したまま寝てます。

あしうら

日曜日。

スポットの下でお休み中です。
いつもはパネルヒーターの上にいるのですが、気分転換でしょうか。
天気もいいので、窓辺で日光浴させる予定です ^-^

ぽかぽか

飼育ケース バージョン3。

モカちゃんが我が家に来てから最も試行錯誤しているのが飼育ケース。
最初は、金魚用の水槽(幅45cm程度)で飼育していたのですが、夏は蒸れる、秋は冷え込む。。。ペットショップを見て回ったもののこれといったものはなし。
ということで自作することにしました。
バージョン1,2はあまりにもしょぼく写真にとるのもオコガマシイものでしたが、バージョン3でやっと納得のいくものができてきました。
とにかく初めての冬の到来に備え、暖かく、日差しの確保できるものを目指しました。
真ん中には調湿のためヤシ殻マットを、奥にはホームセンターで購入したハーフサイズの床用タイルを敷いています。タイルの下にはパネルヒーターを敷いてあるのでポカポカです。いわゆる床暖房ですね、自分の部屋にはありませんが... ^-^;
目下の課題は、杉材の壁板がどんどん反ってきていることと、ケースの移動が大変なことです。
コストは、壁、床、床材、ライト(夜用)、ミストメーカー、すべて含めて1万円程度です。
下記のホームページの作者さんは、かなり本格的な飼育ケースを作られているようで参考になりますよ〜 ^-^ この場をお借りしてお礼申し上げます。ちなみに私も同等のものを目指し2日間考え抜いたのですが、足元にもおよびませんでした。。。 (T_T)

ホシガメ「ハル&ナツ」さんのホームページ  http://kintyanz.blog88.fc2.com/blog-category-4.html 

肝心のモカちゃんはというと、大抵だらしなく床暖の上で足を伸ばしてくつろいでいます。でもたまに壁を引っかいたりしているのを見ると、もっと快適な部屋を作ってくれ!と言っているような気もします。
まだまだこれから改良していく予定です。バージョン4は湿度調節のため漆喰壁の導入を予定しています。気に入ってくれるといいですが ^-^

飼育ケースver3



ミストメーカー

インターネットや本で調べてみると、インドホシガメは他のリクガメと比べて高い湿度が必要とのこと。
湿度は60〜70%程度が良いということで、乾燥する冬の到来に備え対策をとることにしました。幸いにしてカメ用の霧発生装置(ボルケーノ)なるものがあるということでインターネットで検索してみると。。。ない!
販売中止、入荷待ち!冬はもう目前、時間もないのに。。。
そこでたどり着いたのが”ミストメーカー”。
アクアリウムのアクセントや、爬虫類・生け花の保湿に使われるものだそうです。
早速購入し下の写真のようにセット(*)。
使用前は40〜50%だった湿度が、概ね60〜80%になりました。
これで湿度対策は何とかなりそうなのですが、ミストメーカーを入れている容器周りの壁や床がびちゃびちゃになるのが目下の課題です。

*容器にかぶせているのはスポンジのようなもの。振動で少し水がはねるので、飛散を防ぐためです。また中が仄赤いのはミストメーカーについているLEDランプのせいです。

参考URL
(1)ミストメーカー http://www.biwa.ne.jp/~sktrade/(SKトレード・プロダクツ)
(2)ミストメーカーを使ったホシガメ用湿度管理装置 http://pochi.or.tp/pochi/2006/09/post_41.html(ぽちのすけさんの日記)

ミストメーカー

はじめまして!

モカちゃんこと、インドホシガメの飼育日記です。
遠く離れた故郷とはまるで違う環境のここ日本ですが、
少しでも快適に過ごせるようにしてあげたい!
その一心で日々モカちゃんと向き合っています。
どうか応援よろしくお願いします! m(_ _)m

ぐぅぐぅ。。。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM